音楽のない人生なんて

音楽がお好きなあなたと、音楽を共有できれば

当ブログでは、あえてアーティスト名を基本的に敬称略の形を取らせて頂く事が多いですが、これはより自然な形でという解釈によるものです。 *************************************************************************************

ミスターチルドレン

ミスチルヒストリー  隠れ名曲 アーティストとしての真髄

さてさて ミスチルの3枚目アルバム 「バーサス」のつづき。 Replayの後に続くのは この曲。 ミスチルの中では かなりマイナーな曲に入る。 **********************************************************************************************1Another…

ミスチルヒストリー メインストリートに行こうで見える対極性

アルバム「バーサス(対)」 2曲目は明るいナンバー 「メインストリートに行こう」 軽快なポップス 作曲 桜井和寿と小林武史 編曲 小林武史 という事で 小林氏との共作だ。 このアルバムの偶数は、 明るい曲という事で ノリの良いアップテンポなこの曲。 終…

ミスチルヒストリー VERSUSという企み

ミスチルの3枚目のアルバムは、 思ったほどの売れ行きではなかった。 そのわりに、実は このアルバムは1年という時間をかけており、意気込みが感じられる。 皮肉にも 前作の2枚は、間を空けずにハイペースで作られてたもので、特に2枚目のkind of loveは売…

ミスチルヒストリー 大きな分岐点

さて、ミスチルはついに ブレイク時を迎える!! replayが収録されている 3枚目のアルバムversus 発売されたのが 1993年の9月1日。 このアルバムは 2枚目のアルバムほどは売れなかった。 そんな中・・・ シングル曲 クロスロードは 1993年11月10日発売とな…

ミスチルヒストリー  この2曲のイントロはすごい!

アルバムversus 奇数の3曲目は and close to you おそらく聴いた事がある方が 多いと思うのだけど シングル曲 クロスロードの カップリング曲である。 暗めの曲という設定のはずだが イントロの出だしは明るいと思う。 そして、突然、 フェイクして マイナー…

愛は勝つ!巨大プロジェクト  (1991年)

新型コロナの影響で 世の中は不安定になっている。 そんな中、最近 よく耳にするようになったのが、この曲。 「愛は勝つ」KAN もともとは、1991年の曲。 ………………………………………………………… ちなみに、この動画は、 bank band でのコラボによるものである。 KA…

Replay から、90年代の音楽の特徴を紐解く!!(1993年)

ミスチルがミリオンセラーを 達成する直前……… 秒読み段階の時期!! そう、 今や国民的バンドとなったミスチルの 初期名曲 3枚目シングルreplayを頼りに 1993年(平成5年)を たどってみよう。 …………………………………………………………………… ・皇太子雅子さまがご結婚・レイ…

ミスチルヒストリー  「Replay」 初期ミスチルの魅力

「抱きしめたい」に続く、3枚目のシングル。 1993年に発売された。 CMソングになりミスターチルドレンをより 世に知らしめることになる。 ミスチルの何がすごいかというと 一定のターゲットではなくて 幅広い層に受け入れられているという点だ。 こういうの…

ミスチルヒストリー 【ロ―ド・アイ・ミス・ユーの完璧さ】 1Stアルバムより

もし、この曲をデビュー曲にしていたら、 ミスチルは、もっと早く売れていたのではないかと 個人的に思っている曲がある。 1stアルバム「EVERYTHING」 の中の 「ロード・アイ・ミス・ユー」 初回のアルバムにして・・・・ これこそ、ミスチルサウンドだな…

ミスチルヒストリ- 名アルバム「Kind of love」この中毒性・・・

さて、このアルバムの話も終盤になった。 ミスチルがこの後、とんでもなくブレイクする。 このアルバムを聴けば、 ブレイクしない方がおかしいのが分かるだろう。 ミスチルの曲には、中毒性がある。 ビートルズもそうだけど メロディは基本シンプルで つい口…

ミスチルヒストリー 名アルバム「kind of love」 一曲一曲が丁寧な作り

このアルバムは、色んな味のフルコースを 一枚のCDで味わえる・・ 本当にそんな感じだ。 毎回、違う味で楽しませてくれ しかも、 フランス料理・・ スパイシーなもの・・・ 馴染みのある和食・・・ アメリカの田舎のカントリー料理・・・ 多国籍の料理をちり…

ミスチルヒストリー 名アルバム「kind of love」 小林武史氏の影響

どんなにいい素材でも 注目されるとは限らない 厳しい世界・・・。 このアルバムが爆発的に売れたのは 小林氏の存在があったからでもある。 小林氏も、そんな桜井さんに 伸びしろを感じていたんだろう。 *************************…

ミスチルヒストリー 名アルバム「Kind of Love」より対極的な2曲

「Kind of Love」は、 完成度が高い。 ファンの中でも最もかなり人気のあるアルバムのようだ。 アルバムだから、とりあえず何曲か入れようとか・・・ そういう曲が一曲も、ない。 けっこう、ファンでなくても 聴いた事のある曲があるのではないかな。 1stア…

「抱きしめたい」が発売された頃の話(1992年)

名曲だから、売れるとは限らない。 後になって評価されるケースも多い。 そんな曲こそ、希少価値がある。 人は、 評価されてない時に 頑張りを維持する事はとても困難だ。 ミスチルの名曲「抱きしめたい」は、 1992年に発売。 しかし、累計60.790枚の売り上…

村上春樹とビートルズと、ミスチル。この関係性を勝手に深堀する!!

「ダンスダンスダンス」という村上春樹の小説がある。 ミスチルのDance Dance Dance とは、 特に関連性はないと言われているのだが・・・ ある奇妙な一致について 時代背景から、勝手に繋がりを深堀りしてみたい。 村上春樹の小説で、 超有名なのが「ノルウ…

ミスチルヒストリー 「抱きしめたい」そして、評価の高い2NDアルバム

ミスチルの2ndシングルは、すごかった。 質の高いバラード。 もう、インディーズ時代と違い、 他のどのバンドにもない・・・・ ミスチルの世界観が出来上がっていた。 ミスチルと言えば、 桜井さんのあの表現力。 この頃から、 桜井さんの歌い方は インディ…

ミスチルヒストリー インディーズからデビューが決まるまで

1991年 11月 プロデューサーの小林武史氏と始めて顔を合わせた。 小林武史というのが、すごい人物で・・・ サザンのプロデュースをしたり 多くのヒット曲の編曲もしていたのだ。 *************************** 92年2月のライブ…

【プライバシーポリシー】

個人情報の保護について

「https://vmusicak.hatenablog.com/?_ga=2.255156424.1142097977.1579614819-1743860594.1504942020」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。Google AdSenseを使うにあたっては、 Cookieを使用します

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。