音楽のない人生なんて

音楽がお好きなあなたと、音楽を共有できれば

当ブログでは、あえてアーティスト名を基本的に敬称略の形を取らせて頂く事が多いですが、これはより自然な形でという解釈によるものです。 *************************************************************************************

超機械オンチによるエレキの話 その3 ~あると格段に違う優れもの~

この記事は、

超機械オンチがエレキをいじり

とりあえず弾けるようになるまでを

書いてみました。

 

 

ところで

初心者ギターセットでも

特に何か言われる事はなかったのですが・・・

それは多分

エフェクター」のおかげでした。

 

そのエフェクターの他にも

そしてあったら便利なものなどについて

書いてみたいと思います。

 

 

①.「買い替えなくていいよ」

 

勿論、初心者エレキギターセットには

エフェクターなんてものは、まずついていないです。

 

欲しければ、別口での購入です。

 

エフェクターはなくても

とりあえずはそこまで不自由もなく

演奏はできます。

 

とはいえ、

 

音楽ってやっているうちに

欲が出てくるもの。

 

音が気になってくるのです。

 

そうすると

エフェクターはとっても重要な位置を

占めてきます。

 

本当は、

いまだにどんなエフェクターがいいのか

分かっていない。

 

分かってなかったのでとりあえず

私が買ったのは、これ。

 

マルチエフェクター

f:id:vmusicak:20200730205014j:plain

 

ただ、使っているうちに

本格的なエフェクターが欲しいと思いました。

 

 ところが

 

意外にも

 

周りに相談したところ

「買い替えなくていいよ」

という反応だったのでした。

 

かなりやる気になって

エフェクターを買うぞ!と

意気込んでいたのですが・・・

 

 

 

②.とりあえずのマルチエフェクター

 

 

では、そのマルチエフェクターとは・・・

 

 

文字通り

色んな種類のエフェクトを一台に詰め込んだ

万能なエフェクターです。

 

歪み系オーバードライブ ディストーション ファズ・・・)

空間系≪残響系≫ディレイ バーブ ルーパー・・・)

モジュレーション系≪ゆらし系≫(コーラス・フランジャートレモロなど)

フィルター系(フィルター ワウ ゲート)

 

ダイナミクス系≪強弱≫(コンプレッサー)

 

色々種類がありすぎて・・・

 

これらを

ひとつひとつ所有していくと

それらをつなぐ接続も増えるので

大変です。

 

 マルチエフェクターなら

一台ですみます。

 

ただし

マルチエフェクターの弱点は

音質がアナログではなくデジタル・・・

 

普通なら音を創り出すはずが

最初からセットされてます。

 

ギターをしている人って

だんだんオタクのように(?)

凝ってくるんですよね。

 

そうなると

マルチエフェクター

つまらないでしょう。

 

勿論、セットされたサウンドを更に

いじくって新しい音を作ることはできます。

 

私が購入していたのはZOOMの製品。

 

私はエフェクターにより

どんな音が出るのかという事を

実感したかったですし

 

色んな曲に対応できるものを

まずは一台欲しかったので

 

そういう意味では…

 最初にこのエフェクターを買ったのは

正解だったかもしれないです。

 

本当は買い替える予定が

これを使い続けるとは思ってなかったのです・・・

 

ただ難点がありまして・・・

曲の途中で伴奏からギターソロに変わると、同じ設定のままではソロの音が弱くなります。

 

だから、

足で踏んでパッチを変えたいところですが

隣同士の移動しかできない・・・

 

隣同士の設定は似ているので

色々いじくって無理やり作って

それなりにはできます。

でも、

限界はあります。

 

こだわれば

きりがないですから。

 

やっぱり

そこはコンパクトエフェクターには

勝てないですね。

 

どうしても欲しいと思うときに

コンパクトエフェクターの購入を

考えるときがくるだろうと思います。

 

 

③.手軽なのにすごい、ドラムマシン

 

音楽をしていたら、必ず言われるのが

メトロノームで練習しないとダメ」

 

一定のテンポで演奏することが大事です。

 

走ったり・・・

もたったり・・・

 

テンポが乱れるのは、

すごく下手な印象を受けます。

 

聴いている側も

テンポが安定していると

安心して聴けます。

 

私は、メトロノームではなく

ドラムマシンで練習しました。

 

何故なら

 

メトロノームというのは

機械的で練習していて面白くもくそもないです。

 

練習がつまらないというのは

致命的です。

 

ドラムマシンには

色んなドラムパターンが入っています。

 

ドラムに合わせて練習していると

それだけでバンド的になります。

 

ちょっとリアルな演奏を実感できますよね。

 

私が最初に買ったのは

コンパクトサイズのものです。

 

とても使いがってがよくて

リズムパターンは100通りあるのです。

 

何よりも良かったのは

BPM(beat per minutes)

1分間に刻まれる拍数の単位が

細かく設定できる点。

 

これは非常に大事です。

 

完コピしたいと思った時に

曲のBPMと同じにできます。

 

曲が速すぎて難しいと思った時に

1単位ずつ微妙に遅くしたりという事を

数字として確認できます。

 

数字で表せるという事は、

そこにいない相手にも

音の速さを伝える事ができます。

 

ただ、

たった一つ難点がありました。

 

 乾電池で動いているので

 急に切れるのです。

 

そんなわけで、この後

ACアダプターで使用できる

ドラムマシンを探す事になります・・・

 

ところで

 

コルグのドラムマシンは

安いわりには機能も充実しています。

実はメトロノーム替わり以外には

使いこなせてなかったのですが

 

なんと!

エレキ使用時のオーバードライブ/ディストーションエフェクター機能

チューニング機能

レコーダー機能・・・など

 

この小さな一台に

びっくりするくらい沢山の機能が満載。

 

実は、これ

4千円くらいだったような気がします。

 

 

f:id:vmusicak:20200730205107j:plain

 

ご紹介しようと思ったのですが

残念なことに

現在は、生産中止らしいのです。

 

④.これぞ超本格的ドラムマシン

 

というわけで・・・

 

ACアダプター可能の

ドラムマシンを探すことになりました。

 

しかしBPMを細かく調整できるものって

意外になかったのですよ。

 

もちろん、

とんでもなく高価だと

細かい調節ボタンがついてくるのですが・・・

 

店に直接行って探したり

検索したり

 

全力で探したが、欲しいものが見つからなかったです。

 

最初のコルグのドラムマシンが

小ぶりで扱いやすく本当に重宝していただけに

小さめのものがいいと思いました。

 

しかし、なかった・・・。

だから、

コルグコンパクトさは、とりあえず諦めました。

 

そして、見つけたのは・・

 

「ビートバディミニ2」です。

 

細かいBPMを操作できて

ACアダプター使用可能。

 

それよりも何よりも・・・・

 

これが素晴らしいのは

上手くつかえば

ドラマーがいない時に

ドラム替わりになるという点。

 

メンバーが全員揃わない時って

あるものです。

 

インフルエンザで急遽

これなくなったとか・・・

どうしようもない。

 

またドラマーを見つけるまでの間

これでしのぐとか・・・。

 

さすがにライブでは難しそうだが

セッションや練習では

発揮するでしょう。

 

足で踏んで切り替えるのですが

 

なんと好きなときに

「フィル」を入れられるのですよ。

 実に本格的。

 

ドラマーの気分!!

 

それと

「クラッシュシンバル」?的な音も

いいタイミングで入れる事ができます。

 

 

演奏途中で切り替えることができるパターンは

2種類ですが

それでも単調にはならないので

よしとして…。

 

演奏パターンそのものは

かなりの種類が入っているので

演奏前に選択しておいてから使います。

 

普段の練習でこれを使うと

なんだかやる気がすごく出るのですよ。

 

ただ・・・

 

シールドケーブルでアンプにつながないといけないです。

 

ちょっとだけ面倒・・・ですけどね。

 

そういう意味で

コルグのミニドラムマシンが

一番重宝していて

 

結局はコルグのを

使っています。

 

 

 ただし、

 

マルチ的な使い方ができるという意味では

このビートバディは他のドラムマシンとは

一線を画するものです。

 

 このビートバディについては

またいつか詳しく書いていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

【プライバシーポリシー】

個人情報の保護について

「https://vmusicak.hatenablog.com/?_ga=2.255156424.1142097977.1579614819-1743860594.1504942020」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。Google AdSenseを使うにあたっては、 Cookieを使用します

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。