音楽のない人生なんて

音楽がお好きなあなたと、音楽を共有できれば

MENU

洋楽タイムスリップ1965 ベンチャーズ二回目の来日

この頃の音楽は、すごかった。

 

エレキブームが爆発した1965年。

アストロノーツベンチャーズの合同公演が行われた。

 

ビートルズ全盛期の時代に

日本では、アストロノーツが大ヒットした。

 

************************

 

ベンチャーの方が、名が知れているように感じるが・・

この曲を聴けば、分かるはず!!

 

アストロノーツ 太陽の彼方

 

www.youtube.com

 

「ノッテケ」に聞こえるはず。

リズミカルで、耳に心地よい。

 

日本語カバーは、そのまんま・・・

こんな歌詞だった。

 

ノッテケ ノッテケ  ノッテケ  サーフィン

夏の 夏の 真夏のリズムさ

 

 

**********************

 

この1965年

ベンチャーズは二回目の来日だった。

 

そして、
日本で人気が出始めた時期である。

 

 ベンチャーズ 「10番街の殺人」

 

不気味なタイトルだが・・・これは、

ブロードウェイ・ミュージカル作品「オン・ユア・トウズ」の劇中曲

 

 

www.youtube.com

 

急がば回れ」 これが個人的に好き。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

 「ダイヤモンドヘッド」 これがまた、最高

www.youtube.com

 


ちなみに

結成したのは1959年。

 

****************************

 

 

 さて、1965年。日本では昭和40年だ。

いざなぎ景気(高度経済成長時代の好景気)
3C時代(車、カラーテレビ、クーラー)
プロ野球第1回ドラフト会議開かれる

 

そして、エレキギターブーム

 

 

この年に
加山雄三 「君といつまでも」がヒットしたが、

実は、これ、映画『エレキの若大将』主題歌

 

ベンチャーズの二度目の来日は

日本にエレキの火を付けることになり

コピーバンドが沢山出てきたという。

 

加山雄三も・・・・

エレキを弾いている↓

 

 

 

www.youtube.com

 

ベンチャーズアストロノーツを聴いてしまったら

エレキギターをやってみたくなる気持ち、

分かるのではないだろうか

 

日本に、このエレキの音が入った時の

衝撃が目に浮かぶようだ。

 

 

*************************

 

【スポンサーリンク】

*************************************************************************

【プライバシーポリシー】

個人情報の保護について

「https://vmusicak.hatenablog.com/?_ga=2.255156424.1142097977.1579614819-1743860594.1504942020」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。